#マンガでわかるScrapbox Kindle化しました:便利な使い方をイラストで

技術書典4で、配布開始後30分で150冊即なくなった「マンガでわかるScrapbox」がKindle化しました!

なんと0円。無料です!
ポチッと押すだけであなたのKindle端末にデータが送られます。

  • Web版
  • Kindle版
  • 冊子版(技術書典4と、Nota Inc.の公式イベントにて限定配布)

これでこの3種類が揃いました。
ぜひ、あなたのお好みの形式でお読みください。

https://twitter.com/llminatoll/status/1032511631765299200
https://twitter.com/llminatoll/status/997501569292632064

みんなの反応


https://twitter.com/torchiba/status/1027944544866717696

続きはWeb連載中!

https://twitter.com/Scrapbox_jp/status/1009382607656636417
https://twitter.com/llminatoll/status/1011611037701795840

湊川あいの著書

マンガでわかりやすく学べる「わかばちゃんと学ぶ」シリーズです。

湊川あいのWeb連載

わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門 PDF版ダウンロードはManateeで!

御礼

拙著「わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門」が、2017年4月に発刊して以降、おかげさまで2018年3月には第5刷となりました!
技術書で、一年経たず5刷というのはわりと異例みたいです。
ひとえに、読者の皆様のおかげです。ありがとうございます。

ズバリ、「わかばちゃんと学ぶ」シリーズのPDF版ってあるの?

はい、ございます。
PDF版・EPUB版は、Manatee(マナティー)というマイナビ出版さんが運営する電子書籍ストアにて公式に配信されています。

「わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門」 PDF版・EPUB版

『Tech Book Zone Manatee』(テックブックゾーン マナティ)は、マイナビ出版が運営するITを学ぶ方に向けた電子書籍ストアです。様々な出版社のコンピュータ関連の電子書籍・POD書籍の販売をはじめ、注目の開発技法やプログラミング関連の情報など、多彩なコンテンツを提供いたします。(公式サイトより引用)

Manatee参画出版社

株式会社インプレス
株式会社シーアンドアール研究所
株式会社ビー・エヌ・エヌ新社
株式会社ボーンデジタル
株式会社マイナビ出版(当サイト運営会社)

「わかばちゃんと学ぶ」シリーズの出版社は、シーアンドアール研究所さんなので、Manatee(マナティー)さんに並べていただいてるわけですね。

PDFでダウンロードって、無断複製・転載されるのでは? 大丈夫?

この件は著者である私も最初に確認しました!(大事なことですからね)
これに関しては、Manateeさんはシッカリ対策をしてくださっています!

ManateeのDRMについて

当ストアで販売される電子書籍はソーシャルDRMという著作権管理方式を採用しており、購入者の個人的な利用目的以外での電子書籍の複製を禁じております。
ご購入された電子書籍には、購入者情報および暗号化したコードが埋め込まれております。
これらを無断で複製・掲載および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性もございますので、ご遠慮ください。
Manatee公式ページより引用

暗号化したコードが埋め込まれている!

ポイントはここ。
PDFでもEPUBでも、「購入者情報および暗号化したコードが埋め込まれている」ってこと。

なので、違法にアップロード → すぐ犯人がわかっちゃうという仕様なんですね〜。
技術ってスバラシイ。

まとめ

「わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門 PDF」ですとか、「わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門 zip」というキーワードでの検索流入が多かったので、今回この記事を書いてみました!

ちなみにPDF版は公式に配信されてますけど、もちろんのことながら「Zipファイルが公式に配信されている」なんてことは・・・ありえませんよね!

あ、書籍の中で使うGitHubの練習用リポジトリはもちろんzipでも落とせますよ。
こちらからどうぞ!
GitHub: elmas3/mao-seminar

でも、せっかくなのでzipじゃなくて、git cloneしてくださいね❤️

ではでは、楽しいGitライフを!

マンガでわかりやすく学べる「わかばちゃんと学ぶ」シリーズ

超初心者のわかばちゃんと一緒に、HTMLやCSS、バージョン管理システム「Git」、アクセス解析ツールの「Googleアナリティクス」を、マンガでわかりやすく・楽しく学べるシリーズです。

湊川あいのWeb連載

#技術書典 3 結果報告:1日で230部売れました

湊川(みなとがわ)あいの個人サークル「マンガでわかるWebデザイン+Git」が、 技術書オンリーイベント技術書典3に出展しました。

  • とき:2017年10月22日(日) 11:00〜17:00
  • 場所:アキバ・スクエア(秋葉原UDX 2F)
  • 一般参加:無料

おしながき

結果発表

みなさん気になるのは「技術書典ってどれぐらい売れるん?」「お前んとこ、どないやったん?」ということだと思うので、まずはつべこべ言わずに結果をドン!しちゃいます。

頒布物 結果
図解でわかるGoogleアナリティクス(個人制作誌) 150部中、130部販売
魔王教授と学ぶGitコマンド入門(個人制作誌) 100部完売
HTMLちゃんICカードステッカー 50枚中、40枚販売
HTMLちゃんアクリルフィギュア 完売
HTMLちゃん丸ステッカー 完売

この1日で合計230部、技術系個人製作誌(同人誌)が売れたってことですね!

ちなみに被チェック数は「157」でした。
https://gyazo.com/b66a470334825685dad73a90c6f15eb1
ありがとうございます!

来場者数

技術書典運営によると、来場者数は次のとおり。

  • ユニークの来場者数では2750名
  • 再入場者を含むと3100名

台風にも関わらず、たくさんの来場者で溢れかえっていました。

技術書典2のときは、同程度の来場者数で、入場時にUDXの裏までぐるっと待機列が回ってしまうという事態が起きてしまっていました。
ところが、なんだか今回はお客様の入場がスムーズ。長〜い待機列もありません。
なんでだろう?

その理由は、今回から導入された整理券アプリでした。

これ、技術書典運営陣が作ってくださったんですよ・・・!

人の混み具合という極めてアナログな問題を、技術力で解決していく。感動しました。
参加者・出展者のことを考えてフルバーストしていく、その姿勢を尊敬いたします。

当日頒布した物一覧

新刊「図解でわかるGoogleアナリティクス」の他、既刊「魔王教授と学ぶGitコマンド入門」、「マンガでわかるWebデザイン 設定資料集」、HTMLちゃんのICステッカー、アクリルフィギュア等のグッズも頒布しました。


https://twitter.com/llminatoll/status/917684806829215744

4コママンガを「コミキャス」で配信しました

TOKYO FLIP-FLOPさんのご協力で #技術書典3 にて、わかばちゃん・HTMLちゃんたちの未公開4コママンガを配信しました。

4コマは2パターン!何が出るかはお楽しみ。
レシートに印刷される要領でマンガが出てきます。これぞ究極のオンデマンド出版!?


https://twitter.com/DesignHumore/status/922151236064788481

「コミキャス」を使ってみて感じたこと

会話の糸口になる

サークルスペースの前に来てジーッと眺めてくださっている方に、「ココ押してみてください」と声かけをしました。
最初は緊張の面持ちだった方でも、マンガが印刷されて出てくるのを見ると、思わず笑顔に。
そこから、「このキャラクターはこの本に登場してるんですよ〜」などと会話の糸口になるのでよかったです。

押してもらうためには声かけをしていく必要がある

待機中の画面には、私が作ったGIFアニメが表示されます。
10月上旬にGIF画像をTOKYO FLIP-FLOPさんに送ると、事前に設定してくださいました。
「ボタンを1回押してね」と書いてはいるのですが、自分からボタンを押していくお客様はいらっしゃいませんでした。
中には、「購入者限定ノベルティなので、なにも買わずにマンガだけもらうのは罪では?」と思っている方も少々いらっしゃいました。

つまり、導入してもその場に置いておくだけだと意味がなく、近づいて来た人に「どうぞ記念に押していきませんか〜」というスタイルで行くのが良さそうです。

「待機中のアニメーションがかわいい」と話題だった、HTMLちゃんの画像も載せておきます。

コミキャスについてもっと知りたい!使いたい!

コミキャスについて詳しく知りたい方はTOKYO FLIP-FLOPさんまでお問い合わせください!喜ばれると思います!

追記

「コミキャス」テストユーザー募集中とのこと!
近日申し込みページが出来るそうです!
TOKYO FLIP-FLOPさんをフォローして情報を受け取ろう💪

まとめ

https://twitter.com/llminatoll/status/922402926839996416
今まで技術書典2、超技術書典、技術書典3と参加してきましたが、そのどれもが心地よく、大切な思い出になっています。
一生懸命作ったものを読んでもらえる喜び。そして同じように、もしくはそれ以上の情熱で作られたものを、作者を目の前にして購入できる喜び。
さらに運営陣の皆様。不満があっても技術力で解決していく、エンジニアマインドを有しているところ。

技術書典は、見に行くぶんにも・出展するぶんにも、最高のエクスペリエンスだと思います。
ありがとう、技術書典。
次回開催時にはまた出たいです。

もくもく執筆会 #techbook_meetup やってます!

「月1開催程度で、みんなで集まってもくもく執筆をする会があるといいよね」ということで@es_kumagaiさんと2017年5月から始めたもくもく執筆会

もくもく執筆会とは

「本を書きたいけど、ひとりだとなかなか進まない」
せっかくだったら、みんなで集まって、もくもく執筆しませんか?
このイベントは、商業誌・同人誌(書籍など)の原稿だけにとどまらず、勉強会の発表資料、ブログ、プログラム、Web ページなどなど、著作物をもくもく作る執筆会です。
オープニングで、どんなものを書くかをみんなに共有したら、あとは、もくもく。 エンジニアもデザイナーもいるので、書いている文章やスライドを見せて相談しあうこともできます。

開催時の様子

直近の開催日

直近では2017/11/23(木) 13:00〜 アトラシアン様オフィスにて開催予定です。

ご興味がある方は、こちらのグループページから「メンバーになる」をクリックして、開催情報を受け取ってくださいね。

動画学習サービスSchooにて「Git超入門」講師をはじめます

こんにちは。フリーランスでWebデザイナー・技術書執筆・マンガ家・コンテンツライティングをやっている湊川あいです。

このたび、2017年8月5日から動画学習サービスSchoo(スクー)にて、講師をはじめます!

わかばちゃんSchooバージョン

授業ページ: わかばちゃんと動画で学ぶ Git超入門

どんな授業?

https://twitter.com/llminatoll/status/885767407150571524

Git初心者の女の子「わかばちゃん」と一緒に、動画で楽しく、ハンズオン形式でGitを学んでいくことができます。

クリックしていくだけでGitを使えるツール「SourceTree」を使い、主に普通のテキストファイルを扱って授業を進めて行きますので、プログラミング未経験でも安心して授業を受講することができます。

書籍版との違いは?

書籍版「わかばちゃんと学ぶGit使い方入門」との違いは以下の通りです。

  • 各回の後半に、コマンドでのGit操作を動画で見ながらゆっくり実践できること。
  • 書籍ではWebサイト用のコードを扱うが、動画版ではさらに初心者向けに”すべてテキストファイル”で実践できること。
    • 視聴者の中には、コーディング未経験の方もいらっしゃるかもしれないため。
    • HTMLとかCSSとか、プログラミングとか出てきませんから安心してね!
  • 書籍版と違って、リベース、スカッシュ、チェリーピックなどの応用編の話は出てきません。

エンジニア志望の方はもちろん、デザイナーさん、コーダーさんなど、「SourceTreeは使えるけどコマンドでもGitを使ってみたい!」という方にもオススメです😊

生放送を見逃しても、あとで見られるの?

はい!Schoo内で見られます。
初めてSchooにログインした方は、無料チケットが2枚もらえるので、それで見逃した分を見るのもいいかもです。
https://twitter.com/kmix_01/status/886238820953317376

先生ページができていた

湊川あい Schoo
湊川あい先生のプロフィール 教員名簿 – Schoo(スクー)

Schooさんからお話をいただいたその一週間後には、先生ページができていました。
Schooさん仕事が早い!

それにしても先生だなんてなんだか照れちゃいますね。笑

頑張って授業資料を作っていきます!お楽しみに!

わかばちゃんと学ぶGit使い方入門

書店さま・Amazonなどにて大好評発売中です!


C4XnLc6UoAAJNrS

「わかばちゃんと学ぶGit使い方入門」

「マンガじゃなくてもGitぐらいわかるでしょ」と言われたことがあります

わかばちゃんと学ぶGit使い方入門

Web連載から始まった「マンガでわかるGit」の書籍版がついに発売となりました!


C4XnLc6UoAAJNrS

「わかばちゃんと学ぶGitの使い方入門」
出版社:シーアンドアール研究所
発売日:2017年4月21日

  • CHAPTER 1 Gitって何?
  • CHAPTER 2 個人でGitを使ってみよう
  • CHAPTER 3 複数人でGitを使ってみよう
  • CHAPTER 4 実用Git 〜 こんなときはどうすればいい?
  • CHAPTER 5 Gitで広がる世界

ステージングエリアやブランチの概念、マージ・リベース・コンフリクト解決・プルリク・GitHub Flowといった基本の使い方はもちろん、CHAPTER4では、間違えた時の回復(revert、amend、detached HEADからの脱出など)も入っています。
マンガ・図解解説に沿って実践すれば、実在の練習用リポジトリでプルリクを試せたり、サンプルサイトをGitHub Pagesにアップできたりもします。

マンガじゃなくてもGitはわかる?

ちょうど一年前、Web連載を始めた当初のことです。
ネット上で「マンガじゃなくてもGitぐらいわかるでしょ」と言われたことがあります。

たしかにそうかもしれません。
そもそも今Gitを使っている人たちはマンガ解説なんて読まずに使えているわけですから。
もちろん、私がGit初心者だったときも、マンガでわかるGitなんてこの世に存在していませんでした。

だからといって、「使える人だけが使えればいい」と、教えることを放棄するのは違うと思っています。
Gitは、もはや特定の人たちだけのものではなく、企業全体、世界全体にもなくてはならないものになっています。

たとえば、4月中頃から一気に流行し始めたMastodon
24歳のドイツ人 Eugen Rochko 氏が個人的に作成したRailsアプリケーションですが、GitHub上で公開されたオープンソースだったからここまで広まりました。
他にも、ホワイトハウスにもGitHubリポジトリがあり、政策文書が公開されていたり、企業によっては企画担当がGitを使ってコーポレートサイトのニュースエリアを更新していたりもします。

Webエンジニアだけでなく、アプリ、ゲーム、組み込み系、原稿管理にも使われているGit。

今や必要不可欠なバージョン管理、せっかく学ぶなら、しぶしぶではなく、楽しく学んでほしい。

そんな気持ちをこめてこの本を書きました。

https://twitter.com/llminatoll/status/856052278716805120

なお、私が図解・マンガ解説という手法をとっている根拠は、下記スライドに載っています。
https://www.slideshare.net/mobile/AiMinatogawa/git-git-75225950

WebデザイナーがWebデザイナーの視点で書きました

クリックしていくだけでGitを使えるツール「SourceTree」を中心に解説しているので、コマンドラインが苦手なWebデザイナーでも、仕事で使えるレベルでGitが使えるようになります。

そもそも私、湊川あい自身がWebデザイナーなので、初心者のみなさんの「Gitって難しそう」「Gitって怖い」という気持ちが痛いほどわかるのです。

Gitの解説書って、エンジニアがエンジニアの視点で書いたものが多いんですよね。
エンジニアの間では当たり前なことでも、Webデザイナーやコーダーにはわからないことも……。

最初のハードルをとっぱらいたい

Gitは、一度理解してしまえば、もう手放せなくなります。

その「一度理解してしまえば」という最初のハードルを、私はとっぱらいたかった。
だから、徹底的に、Gitの概念を図解・マンガに落とし込みました。

具体的にどんな雰囲気かは、Web連載1~9話(基本のキ)をご覧ください。

https://codeiq.jp/magazine/2016/07/42744/

https://codeiq.jp/magazine/2016/08/43433/

https://codeiq.jp/magazine/2017/01/48796/

Gitで私の世界は変わった

私がGitを初めて使ったとき、少しの怖さがありました。
最初はGUIで触り、次にCUIで触りました。
思い通りに操作できるようになると、今度は楽しくなってきました。

人によっては、単なるバージョン管理システムで、些細なことに思えるかもしれません。
でも、私にとってそれはとても新鮮でした。
今までの仕事の仕方さえ変えてくれる、こんな世界があったんだと思いました。

この本で、そういうワクワク感が伝われば、そしてより多くの人の、Gitへの苦手意識をなくせれば、こんなにうれしいことはありません。


C4XnLc6UoAAJNrS

「わかばちゃんと学ぶGitの使い方入門」

 「わかばちゃんと学ぶGitの使い方入門」目次

  • プロローグ(カラー漫画4ページ)
  • キャラクター紹介
  • はじめに

CHAPTER1:Gitって何?

  • Gitで解決できること
  • コミュニケーションの場としてのGitHub・Bitbucket

CHAPTER2:個人でGitを使ってみよう

  • Gitを簡単に使えるツールをインストールしよう
  • リポジトリを作ろう
  • コミットしてみよう
  • コラム◆ステージングエリアから降ろしたい場合は?
  • コラム◆コミットメッセージはなぜ必要?
  • チェックアウトでコミットを移動してみよう
  • コラム◆チェックアウトに表示されている英数字は何?
  • コラム◆分散型バージョン管理システムって何?

CHAPTER3:複数人でGitを使ってみよう

  • GitHubのアカウントを作ろう
  • コラム◆GitHubのプランについて
  • 練習用のリポジトリをコピーしてこよう
  • 並行世界を作ろう(ブランチ)
  • ブランチを統合してみよう(マージ)
  • プッシュしよう
  • プルしよう
  • コンフリクトが起きたら?
  • プルリクエストからマージまで
  • バージョン管理しなくてもいいファイルを無視しよう
  • Bitbucketの使い方
  • コラム◆ブランチの運用ルール

CHAPTER4:実用Git  ~こんなときどうすればいい?〜

  • 過去に戻って新規ブランチを作成、作業をやり直したい
  • 過去のコミットを打ち消したい(リバート)
  • 履歴を一直線にしたい(リベース)
  • コミットを1つにまとめたい(スカッシュ)
  • プルは実際には何をやっているの?
  • リモートリポジトリから最新の状態を取得したい(フェッチ)
  • 不要になったリモートブランチを削除したい
  • 直近のコミットメッセージを修正する
  • 未コミットのファイルを一時退避する(スタッシュ)
  • 別ブランチから特定のコミットのみを取り込みたい(チェリーピック)
  • コミットに目印をつける(タグ)
  • 間違えてHEADに直接コミットしてしまったら

CHAPTER5:Gitで広がる世界

  • GitHub PagesでWebページを公開してみよう
  • コラム◆GitHub Pagesでできるこんなこと!
  • Gitを使うとうれしいこと
  • コラム◆オープンソース/ソーシャルコーディングの世界

  • あとがき

https://twitter.com/hanaguro/status/856404505620922368

マンガでわかるGitが書籍化!書店・Amazonにて発売中 #わかばちゃんと学ぶGit使い方入門

マンガでわかるGitが書籍化

マンガでわかるGitの書籍版 「わかばちゃんと学ぶGit 使い方入門」 が、2017年4月21日に発売いたしました。
dakkou
書籍版タイトルは「わかばちゃんと学ぶGitの使い方入門」、出版社さんはシーアンドアール研究所です。

わかばちゃんと学ぶGitの使い方入門


C4XnLc6UoAAJNrS

Amazonで試し読みする

書籍の内容はどんな感じ?

前半の基本編では、「そもそもコミットとは?ブランチとは?」という解説から始まり、実際にGitHub上でプルリクエストの練習もできるようになっています。
本書のプルリクエスト練習用リポジトリはこちら。読者の皆様から1000以上のプルリクエストが送られています。

後半は「こんなときどうする?」という実用編となっています。
業務でぶつかりがちな問題、例えば「過去のある地点から作業をやり直したい」「作業中の内容を横に置いておきたい」「複数のコミットをひとつにまとめたい」といった、具体的なハウツーも盛り込まれています。

Web連載には掲載されていない内容がほとんどです!

目次

  • プロローグ(カラー漫画4ページ)
  • キャラクター紹介
  • はじめに

CHAPTER1:Gitって何?

  • Gitで解決できること
  • コミュニケーションの場としてのGitHub・Bitbucket

CHAPTER2:個人でGitを使ってみよう

  • Gitを簡単に使えるツールをインストールしよう
  • リポジトリを作ろう
  • コミットしてみよう
  • コラム◆ステージングエリアから降ろしたい場合は?
  • コラム◆コミットメッセージはなぜ必要?
  • チェックアウトでコミットを移動してみよう
  • コラム◆チェックアウトに表示されている英数字は何?
  • コラム◆分散型バージョン管理システムって何?

CHAPTER3:複数人でGitを使ってみよう

  • GitHubのアカウントを作ろう
  • コラム◆GitHubのプランについて
  • 練習用のリポジトリをコピーしてこよう
  • 並行世界を作ろう(ブランチ)
  • ブランチを統合してみよう(マージ)
  • プッシュしよう
  • プルしよう
  • コンフリクトが起きたら?
  • プルリクエストからマージまで
  • バージョン管理しなくてもいいファイルを無視しよう
  • Bitbucketの使い方
  • コラム◆ブランチの運用ルール

CHAPTER4:実用Git  ~こんなときどうすればいい?〜

  • 過去に戻って新規ブランチを作成、作業をやり直したい
  • 過去のコミットを打ち消したい(リバート)
  • 履歴を一直線にしたい(リベース)
  • コミットを1つにまとめたい(スカッシュ)
  • プルは実際には何をやっているの?
  • リモートリポジトリから最新の状態を取得したい(フェッチ)
  • 不要になったリモートブランチを削除したい
  • 直近のコミットメッセージを修正する
  • 未コミットのファイルを一時退避する(スタッシュ)
  • 別ブランチから特定のコミットのみを取り込みたい(チェリーピック)
  • コミットに目印をつける(タグ)
  • 間違えてHEADに直接コミットしてしまったら

CHAPTER5:Gitで広がる世界

  • GitHub PagesでWebページを公開してみよう
  • コラム◆GitHub Pagesでできるこんなこと!
  • Gitを使うとうれしいこと
  • コラム◆オープンソース/ソーシャルコーディングの世界

  • あとがき

書店・Amazonにて発売中

https://twitter.com/llminatoll/status/1005642762039918592
https://twitter.com/llminatoll/status/1034740155116994561

みなさまからの反応

https://twitter.com/vitaone_/status/856509281385852929

発売後4ヶ月経っても、開発技法カテゴリ2位


https://twitter.com/webdesignManga/status/1015011650477281282

書籍版の続きのお話も

中国の出版社からも声がかかり、中国語版も出ることになりました

https://twitter.com/llminatoll/status/998207024620912641

どんどん広がる「わかばちゃんと学ぶ」シリーズをよろしくね


https://twitter.com/llminatoll/status/1033019981607268352

2016年ふり返り:本を出して会社を辞めてフリーランスになってました

HTMLちゃん

湊川あいです。
Webデザイナーの傍ら、マンガや図解を取り入れた技術書を執筆しています。

2016年は、本を出して会社を辞めてフリーランスになった 年でした。

事の顛末

事の顛末は、このスライドにまとまってます。


以下、2016年にやったことの一覧です。
(だいたい時系列)

出した本

「わかばちゃんと学ぶ Webサイト制作の基本」
わかばちゃんと学ぶ Webサイト制作の基本
数年前から、インターネット上に「マンガでわかるWebデザイン」というコンテンツを個人で投稿していました。
投稿を続けて半年後、出版社からお声がけいただき、書籍化しました。

単にコーディングの解説だけでなく
「Webサイトを作る目的は?」
「Webサイトを作ったはいいけどひとつもCVしない! → ならどうする!?」
といった、外見とは裏腹に骨太な内容になっています。

会社員と並行しての執筆で、原稿が完成するまで1年3ヶ月かかりました。

原稿が完成するまでは何度も諦めそうになりましたが、発売後、「わかりやすい」「初心者でもできた!」という声が聞こえるたび、書ききってよかったと思います。

書いた記事

マンガでわかるGit

前述の本の文字の流し込みを出版社さんがやってくれている間、主人公のわかばちゃんたちが次のフェーズに進む話を書きたいな〜と思い、土日で描いたものです。
2日で800ブクマされ恐々としていました。
「どんな人にどんなニーズがあるのか」という、ざっくりとした感覚を掴むことができたので良かったと思います。

https://codeiq.jp/magazine/2016/05/41303/
元々は個人ブログで2話・3話と続けていこうと思っていたのですが、第1話を見たCodeIQさんよりWeb連載のお声がけをいただき連載開始。

https://codeiq.jp/magazine/2016/06/42023/

https://codeiq.jp/magazine/2016/07/42744/

https://codeiq.jp/magazine/2016/08/43433/

https://codeiq.jp/magazine/2016/09/44989/

https://codeiq.jp/magazine/2016/10/45609/

https://codeiq.jp/magazine/2016/12/47695/

なお、毎回のマンガに、Gitのコマンドクイズがついています。
作問はtbpgrさんがやってくださっています!

わかばちゃんが行くオフィス訪問マンガ

新シリーズも描き始めました。

https://codeiq.jp/magazine/2016/08/44082/

https://codeiq.jp/magazine/2016/10/45631/

https://codeiq.jp/magazine/2016/11/46982/

https://codeiq.jp/magazine/2016/11/46648/

https://codeiq.jp/magazine/2016/12/47650/

オフィス訪問の記事はお待たせしている企業さんがいっぱいなので早く進めたいですね!
ただし書籍の原稿も進めなくてはいけないので、そこらへんの配分の難しさを味わっています。

会社を辞めてフリーランスになる

6月に書籍を出版して以降、個人名で直接仕事が入ってくるようになったので、10月からフリーランスになりました。
(私が尊敬しているWebデザイナーの方からいただいた一言で決意が決まり、踏み切ることができました)

前働いていた会社には、戦略のいろはを教えてもらったので、とても感謝しています。
社長は師匠的存在で、今も尊敬しています。

コミティア118

コミティアで、マンガでわかるWebデザインの設定資料集を販売しました。

https://note.mu/llminatoll/n/nb36357dba816

https://note.mu/llminatoll/n/nff432a5bf20b

著者サイン会

phpカンファレンスの著者サイン会にお声がけいただきました。ありがとうございます!

めちゃくちゃ緊張しましたが、皆さん良い人たちでした。

ジュンク堂池袋本店の方がとても親切だった〜。

セッション

「ゼロから始める技術書執筆」というタイトルで、マネーフォワードさんのmeetup・PHP勉強会さんのところで喋ってきました。

マネーフォワードさんによるレポ記事

https://moneyforward.com/engineers_blog/2016/12/19/mf_meetup7/

第108回 PHP勉強会のTogetterまとめ

https://togetter.com/li/1055051

人前で喋るのは結構好きなので、ワクワクしました。

お会いした人(時系列順、お仕事系)

出版社 C&R研究所の方々
リクルートキャリアの方々
マネーフォワードの方々
miiraチームの方々
esa社の方々
アトラシアン・ジャパンの方々
キッズスターの方々
アニメイトラボの方々
PHPカンファレンス・PHP勉強会の方々
結城浩先生
沢渡あまね先生
倉下忠憲先生
リクルートマーケティングパートナーズの方々
なつきさん
酒井優さん

一年前の私は、社外との関わりは皆無に等しかったのですが、本の出版・Web連載を通して行動範囲が広がったと思います。

「マンガでわかるGit」書籍化決定


Web連載中の「マンガでわかるGit」の書籍化が決まったので、現在原稿執筆中です。
2016年に「Webサイト制作の基本」を出版したので、2017年には「Gitの基本」を出版したいです。

総括

今年は変動の年でした。
ただし、今年の変動は単なる結果論で、むしろ、土の中で原稿を書き溜めていた2015年の自分のほうがよっぽど忍耐力があったのでは、と思います。
「たった1年でこれだけ変わった」というよりかは、3年前に始めたことが今になって効いてきてるような、そんな感じです。

ここ数年で、より明確になってきたこととしては

  • やっぱりWebの仕事が好き
  • どうやら自分は、一見難しい概念を、マンガや図解でわかりやすく解説することが好きっぽい
  • そして、その成果物が、初心者の方のモチベーションの向上に役立ったり、学習コストを下げることができているっぽい

ということです。

「自分が好きなこと」と、「まわりの人が喜ぶこと」
それらが一致する表面積を増やして行きたいものですね。


最後に @fukayatsu さんの名言で締めようと思います。

自然体でやっていることが、わりと評価されるのならば、多分そこが戦うべき場所なのだと思う

ではでは、よいお年を。

PHP勉強会@東京に登壇します 2016.11.30

phpstudyコラボ画像
マンガでわかるWebデザイン・マンガでわかるGitの湊川あいです。

この度、PHP勉強会さんよりお声がけいただきまして「ゼロから始める技術書執筆」というテーマで登壇させていただくことになりました。

「技術書を書いてみたい」と思っている人だけに限らず、参加者全員楽しめる内容になっています。
お楽しみに!

マンガでわかるWebデザインが書籍化しました!

マンガでわかるWebデザインが「わかばちゃんと学ぶ Webサイト制作の基本」というタイトルで書籍化しました。
8割以上が書籍限定の内容となっております。
HTMLやCSSの基本、SEOやアクセス解析まで、Web制作のはじめの一歩をぎゅっとつめこみました。

わかばちゃんと学ぶ Webサイト制作の基本

アマゾンで冒頭を試し読みできます

マンガでわかるGitがWeb連載中です

CodeIQ MAGAZINEで、マンガでわかるGitが連載中です。
マンガはこちらからご覧いただけます。
マンガでわかるGit | CodeIQ MAGAZINE
マンガでわかるGit

マネーフォワードmeetup vol.7に登壇しました (エンジニア×個の力をForward)

絵を描くWebデザイナーの湊川あいです。
今回、マネーフォワードさんにお声がけいただき、「ゼロから始める技術書執筆」というタイトルで、下記イベントに登壇しました。

MoneyForward Meetup vol.7 (エンジニア×個の力をForward)

社外のエンジニアやデザイナーを招き、月1回こういった企画をされているそうです。

皆さまの向上心、温かさを感じるmeetupでした。
何よりこのような取り組みを社員で自発的になさっているのが素晴らしいですね。

マネーフォワードさんのmeetup、来月もあるようですので興味のある方はぜひ参加してみてはいかがでしょう。

MoneyForward Meetup vol.8 (Drinkup!2016年総振返り)

マンガでわかるWebデザインが書籍化!全国の書店・アマゾンで発売

マンガでわかるWebデザインが本になりました!


「わかばちゃんと学ぶWebサイト制作の基本」 出版社:C&R研究所
image

全国の書店・アマゾンで発売中です。

本の内容詳細

現役Webデザイナーの湊川あいが、絵から解説まですべて担当しています。
https://twitter.com/llminatoll/status/736050600295563264

本の中身を一部公開中です。

7割がた出来ているWebサイトに、必要なソースコードを追記していく形で、HTML5とCSS3が学べます。
「Webサイトを公開して終わり」ではなく、そのあとのアクセス解析やPDCAについても4コママンガで解説しています。

いかに楽しく、わかりやすく読み進められるかにこだわりました。

ご好評につき、Kindle版も発売


「わかばちゃんと学ぶWebサイト制作の基本」 出版社:C&R研究所 Amazonページ

愉快なキャラクターと一緒に、楽しくWebサイトを作りましょう!