CSS解説マンガ1

CSSとは?

CSSとは、Webページの見た目を担当する言語です。
「カスケーディングスタイルシート」の頭文字をとって、CSSと名付けられました。

CSSを使うと何ができるの?

CSSを使うと画像のレイアウトをしたり、文字や背景に色を付けたり等、思い通りにデザインすることができます。

CSSとHTMLは役割が違う

  • HTML:文書の意味や構造を定義するもの
  • CSS :Webページのデザインやレイアウトを定義するもの

HTMLは、見出しや段落などを定義するタグを使って、ページ内のコンテンツの構造をブラウザ等に知らせるための言語です。

HTMLは、そもそもデザインをするための言語ではないのですが、Web環境の発展に伴い、色やフォントの指定、画像のレイアウトといったデザイン要素までもが求められるようになり、HTMLに定義されるようになってきました。

HTML

文章の構造を知らせるためのHTMLコードに、見た目を定義するコードが入ってきたら、コードが読みづらくなっちゃうよね。コードを編集する人間にとっても、ブラウザやロボットなどにとっても不親切だね。


HTML

そうそう、だからW3Cという機関が、「文書構造の指定はHTMLに」「デザインの指定はCSSに」と役割を切り分けてくれたんだ。


HTML

(ふーん、だからHTMLちゃんは飾り気がないのか)


HTML

何かじろじろ見られている気がする…。
ちなみにHTMLって何?という方はこちらの記事をどうぞ。
HTMLって何?簡単解説!マンガでわかるHTML入門


※W3C(ダブリュースリーシー)とは、Webページの言語や標準規格を決めている非営利団体のことです。

CSSがあるときとないときを比較してみた

HTML

まぁ百聞は一見にしかずって言うし、CSSをくっつけた場合とCSSをとりはずした場合のWebページを比較してみようか


CSSがあるとき

css_on

HTML

おー!かっこいいページ!


CSSがないとき

css_off

HTML

え!?これさっきと同じページなの…?随分統一感がなくなっちゃったけど


HTML

そうだよ〜。CSSとHTMLを完全に分離させているから、CSSだけ取り外すことが可能なんだ。ほとんどのWebページはそうやってるんじゃないかな。CSSの書き方やくっつけ方についてはまた今度の記事で解説するよ


Thanks!
画像キャプチャのためにお借りしたフリーWebテンプレート:Obscura

記事作成:湊川 あい
マンガ・イラスト:湊川 あい


カテゴリー: CSS

湊川 あい

湊川あい(みなとがわ あい) 絵を描くWebデザイナー。2014年より「マンガでわかるWebデザイン」をインターネット上に公開していたところ、出版社より声がかかる。 著書「わかばちゃんと学ぶWebサイト制作の基本」 Web連載「マンガでわかるGit」「わかばちゃんが行くオフィス訪問マンガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です