Googleデータスタジオってどういう風に活用できるの?ウェブ解析士協会 出版記念セミナーをレポート

こんばんは。Webデザイナー/マンガ家/技術書執筆をしております湊川あいです。

3/7(水)に開かれました『Googleデータスタジオによるレポート作成の教科書』出版記念セミナーに、ウェブ解析士協会 代表理事の江尻俊章様より招待いただきました。
セミナーの一部始終をレポートします。

該当の書籍はこちらです。

Amazonはこちら

第1部:10分間ライブレポーティング&こんなトキどうする?

Googleデータスタジオをさわってみよう!

Googleアナリティクスアカウントがあることが前提となります。

こちらのURLから登録・ログインします。

「データソース」からGoogle Drive、Googleアナリティクス、その他使っているツール(アドワーズなど)を連携します。
Google_データスタジオ.png (34.4 kB)

実際にハンズオンで作成したレポート。

データスタジオハンズオン (322.3 kB)

期間を「自動」にしていれば直近28日間のレポートがいつでも閲覧できます。
また、データソースのプルダウンメニューをレポートに配置しておけば、同じ形式のグラフで「サイトA・サイトB・サイトC・・・」というように、いくらでも切り替えることができます。

これが便利な点は、クライアントにURLだけ渡しておけば、ある程度はクライアントがプルダウンを操作して自分でアクセスチェックをしてくれるようになることです。
「先月のデータをみたい」と言われるたびにPDFに出力してメールで送信、なんていう手間が減ります。
クライアントも待たなくてよくなるし、解析士としてもストレスがなくラク。
ぜひ皆さんもGoogleデータスタジオを活用してみてはいかがでしょうか。

第2部 10分間ライブビジュアライズ + 伝わらないレポートの「あるある」

  • 登壇
    • 井水 大輔様、小田 則子様
  • 概要
    • 第1部で作成したレポートからデータをエクセルに落とし、より伝わりやすいレポートにするノウハウを共有。
    • また、ダメレポートをより良いレポートにするためのポイントを紹介。

10分間ビジュアライズ

データスタジオは定点観測にはとても良いツールですが、グラフ自体に手を入れて、解析士が目をつけたポイントを伝えるにはエクセルやパワーポイントの方がいいこともある。
これに関しては適材適所です。ただ単にグラフを共有するだけでなく、たとえば「休みの始まりにコンバージョン率が上がってますね」ということが読み取れたら、コンバージョン率が上がっているところに丸を売ってあげたりだとか。もしくは、通常の1.5倍にコンバージョン率が上がっている部分で、何があったのかというイベント(メルマガ発行)などを書き入れてあげたりだとか。
そういった細やかな気配りでプロっぽくできます。

より良いレポートにするための3つのポイント

  • ①表紙のタイトルを魅力的に
    • ×「2月のレポート」
    • ○「3ヶ月後に売り上げ20%UPするためのWebサイト改善施策レポート」
      • クライアントが思わず読みたくなるタイトルを
  • ②レポートの目的と現状の確認
    • 何のためのレポートなのかというのを必ずレポートの最初に入れておく
  • ③役職によって気にしているKPIが違う
    • 役員・・・売上
    • MG・・・訪問数、CVR
    • 担当・・・新規/リピーター/直帰率/離脱率
      • それぞれ何ページに書いてあるかを目次に書いてあげるとわかりやすい

第3部 スプレッドシートを使った自動化&サーベイとオプティマイズの事例紹介

  • 登壇
    • 小田切 紳様、古橋 香緒里様、平野 泰章様
  • 概要
    • Googleデータスタジオだけでは実現できない、複数のデータソースを使ったレポートを自動的に作成する方法を紹介。

クライアントしか持っていないデータの重要性

  • クライアントしか持っていないデータというのがある
    • Googleスプレッドシートを使って、2つ以上のデータソースをマージして使う!

ある専門学校の例

目的は出願数の確保。

出願に影響する中間コンバージョンって何だろう?考えてみよう。

全経路を分解すると、こんなにある!

  • パンフレットの取り寄せ
    • Webから
    • 電話から
    • 他媒体から
  • 電話問い合わせ
  • オープンキャンパス予約数(来校予約数)
    • Webから
    • 電話から
    • チラシから
  • 実際にキャンパスに来た数(来校数)
    • 実際の来校数
    • 招致見学
    • 直接来校(何の連絡もなく来る学生もいる)
  • リピート来校数
    • 実際の来校数
  • 出願数

これらほとんどが、アクセス解析で取れないデータ(!!)。
たしかにそうですね。Webは万能ではない。

そこで役立つのがGoogleスプレッドシート。
月ごとの来校者数を、担当者(クライアント)に「書いてください」とお願いして書いてもらっている。
クライアントに書いてもらうというところが重要。

埋めてもらったスプレッドシートに、アナリティクスのデータを繋ぎあわせる。
それによって、自分の打ち込んだ数字が、どうWebに影響しているのかクライアントが興味を持ってくれます。

総括

総括して、大変内容の濃いセミナーでした。
登壇者の皆様のポリシーが一貫して「単にアクセス数を共有するだけでなく、ちゃんと付加価値をプラスして報告できるか?」ということだったのが印象的でした。

書籍にはもっと詳しく掲載されていますので、Googleデータスタジオに興味がわいた方は、是非読んでみてはいかがでしょうか。

Amazonはこちら

わかばちゃんと学ぶ Googleアナリティクスでもデータスタジオにふれています

wakaba-book-ga.png (128.3 kB)

わかばちゃんと学ぶGoogleアナリティクス
著:湊川あい
出版社:C&R研究所

2018年3月27日発売予定のわかばちゃんと学ぶGoogleアナリティクスでも、Googleタグマネージャ、Googleデータスタジオの基本についてふれています。

Googleのツールは組み合わせることでより効果的に・ラクに使えるものが多いのでいろいろな組み合わせを模索していきたいですね!

湊川あいでした。

  • Pocket       
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

#技術書典 3 結果報告:1日で230部売れました

湊川(みなとがわ)あいの個人サークル「マンガでわかるWebデザイン+Git」が、 技術書オンリーイベ

記事を読む

【おしながき】 #技術書典 3 に出展します | 図解でわかるGoogleアナリティクス

「マンガでわかるWebデザイン+Git」が、 技術書オンリーイベント技術書典3に出展します。 と

記事を読む

Comment

  1. tbpg より:

    "クライアントしか持っていないデータの重要性"

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門 PDF版ダウンロードはManateeで!

御礼 拙著「わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門」が、2017年4月

#マンガでわかるDocker サンプル #技術書典 4

マンガでわかるDocker 2018年4月22日(日) 秋葉原U

Googleデータスタジオってどういう風に活用できるの?ウェブ解析士協会 出版記念セミナーをレポート

こんばんは。Webデザイナー/マンガ家/技術書執筆をしております湊川あ

初めてでも大丈夫!Tech系Podcastに出てみませんか?

こんばんは。フリーランスWebデザイナー・マンガ家・技術書執筆をしてお

CLIP STUDIOで技術系同人誌を作ろう! 原稿作成→データ入稿までの一連の流れを公開

技術系同人誌 Advent Calendar 2017 18日目 技

→もっと見る

PAGE TOP