Windows版SourceTreeがVer 2.1系列になって、ローカルリポジトリの作り方がわからなくなった方へ

ローカルリポジトリの作り方がわからない問題

「わかばちゃんと学ぶGit使い方入門」の読者様より、
Windows版SourceTreeのバージョンが上がり、書籍発売時とはUIが変わったため、ローカルリポジトリの作り方がわからないという質問をいただきました。

以下に、SourceTreeのバージョン2.1系列の、ローカルリポジトリの作り方を載せますのでご参考になれば幸いです。

ローカルリポジトリの作り方

キャプチャ画像は、クリックで原寸大に拡大できます。

1. 書籍50ページの②の画面

「わかばちゃんと学ぶGit使い方入門」 50ページで「ファイル」→「新規/クローンを作成する」をクリックしたところからのスタートです。

2. リポジトリを作るので「Create」をクリック→「Browse」をクリック

beta_No-12

3. sampleフォルダを選択

beta_No-13

4. 「作成」クリック

beta_No-14

5. リポジトリができました!

beta_No-15

これ以降のステージ・コミットの操作は、多少UIが違うものの基本的には同じように使えると思います。

何かわからないことがあれば @llminatoll までどうぞ。わかる範囲で回答させていただきます。

マンガでわかるGitが書籍になりました

わかばちゃんと学ぶGit使い方入門

書店さま・Amazonなどにて大好評発売中です!


C4XnLc6UoAAJNrS

「わかばちゃんと学ぶGit使い方入門」

“Windows版SourceTreeがVer 2.1系列になって、ローカルリポジトリの作り方がわからなくなった方へ” への2件の返信

  1. 重版がかかったので書籍のキャプチャも新しいものに対応しました。
    書籍の奥付(一番最後のページ)に第3刷と書いてあれば、SourceTreeバージョン2.1系列でキャプチャ取り直し後のものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です